失敗したくないマイホーム購入

いつ、どんな費用が掛かる?

物件の支払いにはいろいろな種類の費用が掛かります。
・購入物件が決まったらすぐに支払う費用
申し込み証拠金、手付金など

・引き渡しまでに支払う費用
ローン契約の印紙税、購入物件の残代金など

・引き渡し後に支払う費用
引っ越し代、不動産取得税など

・物件購入後にずっと支払う費用
住宅ローン、管理費など

「諸費用」とは、頭金以外の住宅ローンの借入費用や、不動産登記などの引き渡しまでに支払う費用のことです。一般的な目安だと、新築マンションは物件価格の3%~5%、中古マンションや新築、中古の一戸建てだと物件価格の6%~13%になります。
また、一戸建てを購入するときの諸費用には、不動産所得費用として不動産所得税や固定資産税などがかかります。軽減措置が適用されることがあるので、事前にしっかりと確認しておきましょう。

どこにどんな費用が掛かる?

諸費用を細かく分類していくと、以下のようになります。
種類が多いのでしっかり確認しておきましょう。
・不動産購入取得にかかる費用 
基本となる手終了当の他、境界基礎工事、地盤調査費用、地盤改良費用、登記費用、都市計画税、不動産取得税、固定資産税など

・ローン契約に係る費用
印紙税、ローン借入費用、住宅ローン保証料、事務に係る費用や各種保険料など、特約火災保険料、地震保険料、適合証明書交付手数料、物件検査手数料など

・書類を取得するための費用
課税証明書・納税証明書取得費用、住宅用家屋証明書取得費用、住民票・印鑑証明書取得費用、登記事項証明書取得費用など

・その他の費用
修繕積立基金、水道負担金、引っ越し費用、家具購入費用、耐震改修工事費用など


この記事をシェアする
TOPへ戻る